器大黒堂店内紹介

GREETING

「器 大黒堂」のホームページへようこそ。主人の器好きに影響を受け気づいたらこの「器 大黒堂」をオープンしていました。手に取ったお客様が思わず笑顔になってしまうような作家さんの個性豊かなオブジェ。そして、いつものお料理をさらに美味しくみせてくれる和食器も多数取り揃えています。お気軽にお立ちよりくださいませ。高橋由紀子さん宮崎 孝彦さんの作品を販売しております。

Gallery

信楽焼

信楽満開の桜

信楽の特徴として、耐火性と粗い土質が挙げられます。陶土に木節粘土を合わせることで可塑性があり、こしが出るので、大物や肉厚の物を造るのに最適です。焼くと、肌色、ピンク系や赤褐色系の美しい火色をつけ、その表面にビードロ釉や焦げをつけることで、他産地にはない、人間味あふれる、柔らかく暖かな表情の焼きものを作り出します。


火色(緋色)

焼成することでほのかな赤色に発色した焼きものの色を指します。湿度、焚き方などによって色合いが微妙に変化します。そんな、人の手でコントロールできない変化の様は窯あじといわれています。信楽の白味のある土質に映える色合いとして、人肌を感じさせるような温かい発色が珍重されています。

焦げ

登り窯や穴窯で燃え尽きた薪が灰となり、窯の中に積もります。この灰が積もる場所に置いた焼ものは、裾の部分が灰に埋まり、その部分に黒褐色の発色が現れることを「焦げ(灰かぶり)」と言います。茶陶などではこの焦げのさびた色合いが珍重されています。

長石

信楽の土は、質が良く、長石が多く混じっているために、水簸をおこなわない胎土中の粗い長石粒が溶けて、乳白色のツブツブになる独特の景色を醸し出します。こうした土肌も信楽焼の一つの特徴となっています。

参考資料:信楽陶器工業協同組合

作家紹介

  • 高橋由紀子

    金太郎飴を作るような方法(練り込み技法)で作られた珍しい作品です。トリやサカナ、花や波のような模様で手に取った方が、ほっこりする可愛らしい作品です。


    リンク:facebook
  • 宮崎 孝彦

    一目で分かるインパクトのあるキャラクター。個性あふれる世界観。精巧に作られたカップやお皿に丁寧に描かれた愛嬌たっぷりの動物や人物は、宮崎さんが楽しく作陶されているからこそ生み出されるのだと思います。

    リンク:facebook

アクセス

  • 〒525-0059
    滋賀県草津市野路2丁目5-16

    TEL:077-576-8555

    営業時間:13:00〜17:00

    営業日:火・土曜日

    ※JR南草津駅より徒歩5分
    店頭に1台駐車可 (お問い合せ下さい)

    器大黒堂のフェイスブックへ 器大黒堂のインスタグラムへ

  • " allowfullscreen>

TOP